スケシューの穴あきと靴紐が切れるのを防ぐオーリーガードの作り方

2018年5月13日

スケボー練習をしているとすぐにスニーカーがすり減るので結構な頻度でスケシューを買い替える必要がありますが、正直痛い出費です。

また、靴紐(シューレス)もしょっちゅう切れるので、ストレスですし、付け替えが面倒ですし、地味な出費にもなります。

そこで、一つのスニーカーを長く使えるようにするため、また、シューレスが切れにくくするようにするため、オーリーで擦る部分の磨耗と靴紐とデッキの接触を防ぐパッチであるオーリーガードを作ったので、その方法を紹介します。

 

準備するもの

  • スニーカー
  • レザーか合皮
  • シューグー

  • 洗濯バサミ

レザーか合皮は100均などで安いバックやベルトを買って調達するのがおすすめです。

家に使ってないレザーか合皮素材のものがあればそれを使うのもありです。

 

作り方

①レザーをスケシューに合わせて切る

レザーをスケシューのオーリーで擦る部分と靴紐のデッキと擦れる部分までをカバーできるくらいのサイズに切ります。

こちらは完成画像ですが、画像のようにオーリーで擦れる部分からシューレスに少しかぶるくらいの大きさに切ります。

 

②レザーにシューグーを塗りたくる

レザーはシューグーでスニーカーに貼り付けます。

レザーにシューグーをべったり塗りましょう。

ただし、シューレスにかぶる部分には塗らないようにしましょう。

上図のように、レザーの上の部分はシューレスの上にかぶせるため、下の部分だけにシューグーを塗りましょう。

 

③レザーをスニーカーのオーリーで擦る部分に貼る

シューグーを塗ったらはっつけます。

シューグーがなじむように手でレザーをスニーカーに押し付けます。

 

④レザーとスニーカーを洗濯バサミで固定・乾燥

こんな感じでレザーとスニーカーを固定します。

シューグーが乾いてレザーが張り付くまでかなり時間がかかるので、丸1日は風通しの良いところに置いておくと良いでしょう。

 

⑤完成

完成したらこんな感じになります。

このレザー自体にもさらにシューグーを塗るとなお磨耗を防ぐのに効果的です。